漫画|七つの大罪【346話】最新話の確定ネタバレと感想!!10年後、トリスタンはメリオダスに挑む!?

漫画|七つの大罪【346話】最新話の確定ネタバレと感想!!10年後、トリスタンはメリオダスに挑む!?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

七つの大罪の346話を読みましたのであらすじをご紹介いたします!

2020年3月25日発売の週刊少年マガジン17号、最新話!

七つの大罪【346話】の考察記事をまとめました!

▷前回の七つの大罪【345話】のネタバレはこちら!

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

\七つの大罪の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

七つの大罪 【第346話】のあらすじ

【十年後――王子トリスタン、走る!

腰ほども長さがある銀髪をなびかせて、メリオダスとエリザベスの息子、トリスタンが走っている。

トリスタン「みんな~~!大変です!! 大事件ですよ!!!」

王宮の兵士に止められながらもトリスタンはそう叫ぶことを止めない。

それを聞きつけた子どもたちに、国を揺るがす悪の計画を知ってしまったというトリスタン。彼によるとお城の兵士は悪の手先なのだという。

トリスタン「今夜…城に伝説の逆賊<七つの大罪>が集まるらしい!ならば僕は王子として いや! リオネスの平和を護る聖騎士として奴らを捉える義務があるのだ!!」

ポーズを決めるトリスタンだが、子どもたちは晩飯だから帰るよ、と冷たい。

「晩御飯と王国の平和のどっちが大事なんですかーーーーっ!!!!?」

その問いに答えはなく、誰もいなくなっているのだった……。

一人で立ち向かうのみと城に忍び込んだトリスタンを捕まえたのは……。

ママ上ことエリザベス。

そして……。

「トリスタン、ずいぶん探し回ったぞ!!」

メリオダスと<七つの大罪>の面々が現れた!

それぞれのやり方でトリスタンにちょっかいを出す団員達。

トリスタンは毅然と彼らに対して啖呵を切る。

「僕は知ってるんです! パパ上たちが王国から追われる大罪人ということを!!!

そして今夜……!! 謀反を起こすためリオネス王国へ集まったことも!!

ヘンディさんやハウザーさんにも裏は取りました!!

もう言い逃れはできませんよ!!!?」

笑いをこらえる団員たちだが……。

メリオダス「まさかすべてお見通しとはな……褒めてやろう…だが知られてしまった以上生かしておくわけにはいかねえな」

ノリノリのメリオダス。ばっちりショックを受けるトリスタン。

「聖騎士トリスタン」として挑みかかるトリスタン。外に出て尋常に勝負を挑む。

団員、エリザベス、そしてジジ上こと先代国王も意外なことに快く了承し……。

【団員集結の理由と王・メリオダス!】

外に出ると大輪の花火が上がっていた.

不思議がるトリスタンが次に見たのは――

自分の十歳の誕生日を盛大に祝う国民たち。

そして英雄として称えられる父・メリオダスをはじめとした団員達だった。

そう、トリスタンの誕生日を祝うためにメリオダスはみんなを集めてくれたのである。

バンはメリオダスに熱狂する国民の姿を見せ、本当の大悪党ならあんなに慕われるわけがない、という。

ただ、トリスタンは自分がとっくに卒業したママ上のおっぱいを毎日触っているから騙されない…と頑なだったのだが……。

【トリスタンが知る真実の<七つの大罪>そして――】

誕生日プレゼントに伝説の剣を要求するトリスタンだがあっさり却下される。

しかし、ゴウセルの魔法によって脳に直接、大罪人と呼ばれた<七つの大罪>の真実の物語を知らされるのだった。

そう、父と母が永遠の輪廻から抜け出し、自分という子どもを授かって日常を歩むまでの物語を――。

静かに涙を流すトリスタン。

 

あくる日、挑みかかるトリスタンを木の枝であしらうメリオダス。

よくもまあ自分の父親を大悪党と信じられたものだとあきれる父と、教えなかったのが悪いと譲らない息子。

空を見上げながら、こんな風にお前の未来は無限に広がっている、というメリオダス。

トリスタン「でもどうせ僕は王様にならなくちゃいけないんでしょ?」

メリオダス「別に他のものになりたきゃそれでいいさ」

トリスタン「ほっ……本当!?」

聖騎士でもいい、と笑って言うメリオダスにトリスタンがなりたいものならもう決まっている、というトリスタン。

それは――

トリスタン「<七つの大罪>!!!!!」

「七つの大罪」完。

「黙示録の四騎士」(仮)に続く。

 

スポンサードリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

七つの大罪の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

七つの大罪の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

アニメもほとんどが見放題なので同時に楽しむことができますね。(配信状況が変わることがあります)

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で七つの大罪を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「七つの大罪」を今すぐ無料で読む!

七つの大罪 【346話】考察

ついに物語は大団円を迎えた。そしてこの考察予想が的中し、アーサー王伝説を下敷きとした続編が決定した。わずかな情報から「黙示録の四騎士」がどう展開していくかを予想したい。

【リオネス王国は滅びる?】

最終回でメリオダスは死ななかったものの、次回作である「黙示録の四騎士」は今作からさらに時間がたっていると考えられ、世界は再び混乱に満ちているようである。

メリオダスが存命であればそのようなことになるとは思えない。次回作までの間にリオネス王国は滅び、メリオダスも死んでしまうのではないだろうか?

【ランスロットとトリスタンは敵対する?】

ランスロットとトリスタンは円卓の騎士の中でも並び称される代表的な騎士となるが、伝説ではアーサー王の妻へのランスロットの不義がもとでランスロットは円卓の騎士と敵対することになる。

浮気を少年誌でどのように描くのかという問題があるが、これをアレンジした上で「黙示録の四騎士」ではランスロットがラスボスになるのではないかと思われる。

【黙示録の四騎士は誰?】

「黙示録の四騎士」とは聖書の中の言葉で、支配、戦争、飢饉、死をそれぞれ司るといわれる。

続編においてそのままの意味で使われるかはわからないが、そのような殺伐とした世界となることは間違いなさそうだ。

では物語のキーとなるである四騎士は誰なのだろうか?

トリスタン、ランスロット、アーサー王とすると、あと一人は?

――これは円卓の騎士の一人、「ガウェイン」ではないかと考えられる。

鈴木央先生のデビュー作「ライジングインパクト」の主人公の名前に使われたほど思い入れがあり、伝説でも重要な存在だからだ。

連載開始も未定だが、楽しみに待ちたい。

 

 

七つの大罪【346話】感想

とうとう完結してしまいました……。

しばらくは「七つの大罪ロス」に陥りそうです。

ただ、ラストの「黙示録の四騎士」予告にはぶち上りましたね!

新世代の物語が今から待ちきれません!!

Source: 電子書籍ネタバレ
漫画|七つの大罪【346話】最新話の確定ネタバレと感想!!10年後、トリスタンはメリオダスに挑む!?

未分類